コラム

2年後の1万円の札

高祖父(おじいさんのおじいさん)が2021年大河ドラマ「青天を衝け」の主人公で、
2年後には福沢諭吉に替わって、1万円札の顔になる渋沢栄一の玄孫(やしゃご)の渋澤健さんからテレビ出演の連絡がありました。
渋澤さんからのメールによると、渋澤さんは4月3日(土)の22:00~22:49にNHK のBS1スペシャル『渋沢栄一に学ぶSDGs “持続可能な経済”をめざして』に案内役で出演されるそうです。
SDGs は2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されており、2030年までに達成すべき17の目標が掲げられています。日本の主な企業もSDGsに取り組んでおり、SDGsに関する書物が多く出版されています。渋沢栄一はすでに明治時代に、この発想をもって積極的に様々な経済活動を主導してきたことは、インターネットや様々な媒体で知ることができます。
渋沢栄一の玄孫(孫のそのまた孫)の渋澤謙さんが案内役で出演するこの番組は興味のありそうです。(写真は渋沢栄一:2年後の1万円札になる)

PAGE TOP