プロフィール

小林 宏之 〜Hiroyuki Kobayashi〜

プロフィール


1946年10月4日 愛知県新城市生まれ。

1968年日本航空株式会社に入社。
入社以来42年間、一度も病欠などでスケジュールの変更なく飛び続ける。
乗務した路線は、日本航空が運航した全ての国際路線と主な国内線。
総飛行時間18500時間。
その他、首相特別便機長、湾岸危機時の邦人救出機機長など。
2008年には、「高度一万メートルからみた地球環境」というテーマで、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などのメディアに出演。
2010年3月退社時のラストフライトはマスコミの話題となり、新聞・テレビなどで特集が組まれる。
日航退社後は、危機管理・リスクマネジメントの講師として活躍する傍ら、航空評論家としても活躍中。
医療機関、原子力関係の各機関、様々な企業・団体での講演の依頼が殺到。
最近では、テレビ・ラジオなどの出演も多数。

略歴

主な社内略歴
  • 国際路線室主席機長
  • 飛行技術室長
  • 運航安全推進部長
  • 運航本部副本部長
  • 首相特別便機長(竹下首相、海部首相、小泉首相)
  • 湾岸危機時の邦人東南アジア人救出機長
在職中の主な社外略歴
  • 宇宙開発事業団(現宇宙航空開発機構)危機管理嘱託委員
  • JAXA(宇宙航空開発機構)日本人宇宙飛行士安全検討チーム
  • 原子力発電所運転責任者講習講師
  • 慶応義塾大学大学院特別講師・中央大学客員講師
  • 早稲田大学特別講師・その他の大学特別講師
退職後の主な職歴
  • 公益社団法人日本航空機操縦士協会副会長
  • 国土交通省交通政策審議会航空分科会の各委員
  • 慶應義塾大学大学院非常勤講師
  • 原子力安全推進協会原子力発電所運転責任者講習講師
  • 電力会社の原子力安全セーフティボードの委員
  • 大原労働科学研究所理事
  • 北海道7空港民営化外部有識者会議委員

社外講師歴

「危機管理」「トップの危機管理」「リーダーシップ」「リスクマネジメント」「安全管理」「プロフェッショナル」「ヒューマンエラー対策」「ノンテクニカルスキル」「集中術」「健康管理」「高度一万メートルから見た地球環境」等

所属学会等

日本リスクマネジメント学会、日本抗加齢医学会、エンジン01文化戦略会議

著書

  • 機長の集中術
  • 機長の健康管理
  • JAL最後のサムライ機長
  • グレートフライト JALで飛んだ42年
  • 航空安全とパイロットの危機管理
  • OODA 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメント

雑誌・新聞連載

  • 中日新聞:東京新聞の夕刊コラム「紙つぶて」(2011年7月〜12月担当)
  • 近代セールス:「グレートキャプテンの危機管理術」(2011年4月〜2013年3月)
  • 週刊エコノミスト:「切り撮った地球高度一万メートルから見た美と変化」(2008年7月〜2009年4月)
PAGE TOP